アルガス-2とキャピキシルはどちらも新しい育毛成分です。

イクオスの独自成分アルガス-2はチャップアップブブカにも配合されているM-034の進化型。一方のキャピキシルはフィンジアやDeeper3Dなどの主成です。

それぞれに特長があるんですが、育毛剤を初めて買うならアルガス-2配合のイクオスをおすすめしますキリッ(-Ò。Ó-)

いま現在、私は育毛剤イクオスとサプリをセットで使っています!詳しくは「【買う前に必読】イクオスの効果を1年9ヶ月使ってきた俺が評価する!check!」を参照くださいm(_ _)m

アルガス-2はM-034のパワーアップ版

リニューアルする前の旧イクオスはM-034が主成分でした。それがリニューアルを機に、海藻のペルベチアカナリクラタエキスを新たに配合、独自成分のアルガス-2を誕生させました。

M-034が進化した新成分アルガス-2。先発のキャピキシルやミノキシジルを超える力があるというデータも公表されています。

イクオスを使った人が78%も実感したという結果!ミノキシジルとキャピキシルを大きく超える数値になっています。

新たに配合されたペルベチアカナリクラタは、成長因子があるものの保湿が主体となっています。アルガス-2は、いわば浸透したあとの保湿性能を強化したM-034ということです。

M-034は総合的育毛作用を持つ

M-034は数多くの育毛剤に配合される人気が高い成分です。その理由は、次のような多彩な育毛作用にあります。

  1. 毛細血管の新生を促し、血管壁の修復作用がある因子VEGFを生成
  2. 毛の退行期移行(脱毛)を抑える因子(FGF-5S)の生成
  3. 毛根部を包み、毛の成長を促す「外毛根鞘」の増殖促進
  4. 毛乳頭・毛母細胞の活性化と血行の促進作用
  5. ヒアルロン酸とほぼ同程度の保湿力

上記のような作用で育毛パワーを発揮したのが次に挙げる実験です。短くカットした髪が再び伸びてくる速さをミノキシジルと比較しました。

髪の伸び方がミノキシジルとほぼ同じということを表しています。両方とも同じようなカーブになっています(゚∀゚)

キャピキシルは複合作用を持った新成分

キャピキシルは複合成分で、ビオカニンAとアセチルテトラペプチドで構成されています。その作用も複合的で、特にビオカニンAの強い脱毛抑制作用が特長。

脱毛抑制作用には実証データがあり(-Ò。Ó-)キリッ


【出典元:redenhair

脱毛を抑制するには、脱毛ホルモンDHTを作る5αリダクターゼの働きを抑えます。5αリダクターゼには1型と2型(TYPE1,TYPE2)の2種類あります。

ECGC(茶カテキン)とビオカニンAで、それぞれの抑制度を比較したグラフ。右側のビオカニンがECGCよりはるかに強く抑制しています。

しかも、DHT生成力が強い2型を93%も抑えていて、脱毛を抑制する力の大きさがわかります(・∀・)イイ!!

アルガス-2とキャピキシルの副作用は?

どちらにも副作用はなし!

作用の強い医薬品成分ではないので、それに伴う副作用が起こる心配もないんです。

アルガス-2は海藻抽出物2種から構成。どちらにも毒性などはないし、健康被害の報告も見当たりません。

キャピキシルについても、構成するのはアカツメクサの花エキスと4種のアミノ酸です。発毛促進効果はミノキシジル並みなどといわれますが、副作用とは無縁です(ง`0´)ง シャッ

育毛剤としても安心安全

アルガス-2を含むイクオスと、キャピキシルを含むフィンジア、どちらにも副作用のリスクはありません!

フィンジアに配合されているカプサイシンは過剰摂取すると胃腸に不具合が出ますが、頭皮につけるだけなので心配は不要。

もし何か不都合がおこるとしたら、考えられるのは体質に合わないとか、配合成分に対する植物アレルギーの可能性ぐらいですね。

頭皮が敏感な女性でも安全に使える女兼用育毛剤です(ง`0´)ง シャッ

アルガス-2とキャピキシルの使用感は?

アルガス-2とキャピキシルを単独で使うことはない(当たり前ですが)ので、イクオスとフィンジアでの使用感です。

イクオス

リニューアル後のイクオスは狙ったところへムダなく届くジェットタイプのスプレーに変更。リニューアル前のノズルタイプに比べ、プッシュ回数で使用量がわかりやすくなっています。

液剤は無色透明で、サラサラしていてベタつきもありません。水のような感触です。

匂いはアルコール臭をわずかに感じる程度ですが、それもしばらくすると気化して消えるので気にならない程度。以前、ビーカーに全部入れたことがありますが、120mlの量だとさすがに少々ツーンときました(゚∀゚)

通常、使用量は1回2mlなので匂い面では問題ないと思います(・∀・)v

フィンジア

こちらは普通タイプのスプレーです。匂いはミント系が少し入っていますね。つけてすぐは保湿成分でべたつきを感じますが、すぐに消えます。

また、カプサイシンが配合されている影響か、使用者の中には温感とか浸透感があるという人もいるようです。でも刺激的な感覚ではないし、大半の人は何も感じません。

私は何も感じないタイプでした( ゚∀゚)

育毛剤で選ぶとしたらおすすめは?

効果で選ぶとキャピキシル

アルガス-2のデータは実感のみ

アルガス-2のデータとしては、キャピキシル、ミノキシジルとの比較試験です。冒頭に出したグラフなんですが、イクオスの実感率が最も高かったというもの。

再掲!

ただ、このデータは被験者の実感なんです。客観性に欠けるのが難点で、説得力は弱くなりますね(´-`).。oO

それに、M-034に脱毛抑制作用があるといってもいくつかある作用の一つ。これだけでは強い作用は望めません。

キャピキシルのデータは信頼感あり

一方、キャピキシルにはメーカーが出した客観的なデータがたくさんあります。数値や画像で表され信頼性の高いデータになります(-Ò。Ó-)キリッ

それに、ビオカニンやアセチルテトラペプチドによって、イクオスのM-034を超える複合的な作用が期待できます。

効果を重視すると、選ぶのはキャピキシルとなりそうです。育毛剤でいえば、キャピキシル系の中でも特に人気が高いフィンジアがおすすめ!

FINJIAの公式販売サイトはこちら ⇒

価格で選ぶならイクオス(アルガス-2)

イクオスはコスパのよさで高い評価があります。それに比べると、キャピキシル系は高価!実際はどれほどのものなのか、キャピキシル系のDeeper3Dも比較対象に加えて検証してみましょう。

イクオス フィンジア Deeper3D
商品画像
最安コース 1本定期 3本定期 6本セット
最安価格 6,458円 26,900円 62,370円
最安単価 6,458円 8,966円 10,395円
内容量 120ml 50ml 60ml
1ml当り単価 54円 179円 173円
使用期間 30日 30日 30日
1日量 4ml 1.67ml 2ml
1日分コスト 215円 299円 347円

やはりキャピキシル系は高い!

1本あたりの単価も、イクオスとかなり開きがあります。フィンジアは、これでもキャピキシル系では最安ランクなんですよ(°Д°)

そして、内容量が少ないのも特徴。イクオスの半分以下しかなく、残量がいつも気になります。1ml当り単価でもかなり高く、イクオスの3倍以上にも。

1日当たりの費用は、フィンジアがイクオスの1.4倍、Deeper3Dが1.6倍にもなります。

イクオスのコスパの良さは歴然。価格で選ぶなら、イクオスに決定ですね!

【関連記事】
【ライバルと比較】イクオスの容量120mlで5980円という価格は高い?check!

初めに使うならコスパに優れたイクオスから

イクオスの主成分アルガス-2は育毛力ではキャピキシルに遅れを取りました。でも、イクオスとしてなら脱毛の抑制力がダブルブロックで強力なんです。

通常は5αリダクターゼ抑制という方法です。それに加え、脱毛因子、脱毛指令因子の抑制をプラス。ダブルブロックで、脱毛を徹底的に防止します。

▼ブロック①

▼ブロック②

正直、育毛力はキャピキシルに負けます・・・でも、ダブルブロックでイクオスの脱毛対策はピカイチ。このためだけに、全70種類中13種類の成分を集中投入しています!

薄毛の原因では最も多くを占めるAGA(男性型脱毛症)、その対策で使うなら、最初はイクオスで十分( ー`дー´)キリッ

コスパがよく、脱毛対策の優れたイクオスを使って様子を見る。これが一番合理的な使い方でしょうね。

イクオスサプリでさらにパワ―アップ

イクオスサプリは業界最多クラスの成分数、46種類を配合。イクオスとセットで使えば、大幅なパワーアップが望めます(・∀・)イイ!!

配合量がめっちゃ多い( ゚Д゚)

脱毛対策には、ノコギリヤシとフィーバーフューという、5αリダクターゼを抑制する成分を配合。イクオスの脱毛対策を、さらに強固なものにします。そして多くの育毛成分で血行促進や髪の栄養補給といった育毛作用を強化していきます。

特に、髪を作るタンパク質の材料として、体内で合成できない必須アミノ酸を9種類全部配合。育毛剤イクオスのアミノ酸とともに髪の成長を促します(ง`0´)ง シャッ

イクオスを今すぐ購入(クリック)

まとめ

アルガス-2とキャピキシルの新成分対決!どちらも特長を持っていて、うまく使えばどちらも効果的という結果でした。

キャピキシルは育毛力の実証データが豊富にありました。数字などのデータや画像も多く、説得力があって信頼できる成分だと感じます。一方、アルガス-2はM-034が主体。キャピキシルに比べると、やや弱い成分と言わざるを得ません。

しかし、イクオスのDHT対策と合体すると一転して他を圧倒する力強さに変わります。それぞれ得意分野があるので、対決する必要はありません(`Д´)ゞ

まずは、DHT対策が手厚いイクオスで経過観察。それで思わしくないなら、キャピキシルに替えてみる。こんなふうに、得意分野で住み分けるのが上手な使い方でしょうね(^^)

イクオスを今すぐ購入(クリック)

FINJIAの公式販売サイトはこちら ⇒