ポリピュアEXとリアップX5を比較する前に

ポリピュアEXは2007年の発売開始以来、リニューアルを繰り返しながら400万本以上を出荷したロングセラー育毛剤。また、リアップX5はそれを上回る長い歴史と、抜群の知名度を誇ります。

どちらも長い間人気を維持している商品だけに効果も期待できますが、いざ選ぶとなると何を判断材料にすべきか迷います。

そこでそれぞれの特徴、効果や副作用などの情報をまとめてお伝えします。

ポリピュアEXとはどんな育毛剤?

ポリピュアEXでまず注目すべきは主成分のバイオポリリン酸。各国で特許を取得した独自の成分で、多くの育毛剤の中でもポリピュアEXだけに含まれています。

作用としては、毛根部の活動を活性化させる働きがあります。

【参考元:http://www.google.com/patents/WO2013011996A1?cl=ja&hl=ja

これに加えて多くの植物抽出成分が相乗的に働き、使った人のうち85%もが効果を実感するといわれています。これらの成分は強い医薬品ではなく、体に優しく作用する医薬部外品で、副作用の心配はありません。

またポリピュアには保湿剤や保存料といった石油系の添加物、香料や着色料などの添加物は含みません。頭皮の荒れや皮脂の過剰分泌といった育毛環境の悪化につながる恐れはなく、皮膚の弱い人にも安心して使えます。

リアップX5はどんな育毛剤?

リアップX5は第一類医薬品に分類され、血管を拡張し血流を増やすことで毛根部を活性化させて毛の成長を促します。

AGA(男性型脱毛症)などの薄毛、抜け毛に対応する医薬品として、その効果の高さが認められています。

リアップはシリーズ化されていて、最も効果が高いとされるのは有効成分のミノキシジル濃度が5%の「リアップX5プラス」、その他は1%。

2015年10月のリニューアルで新成分が加えられ、さらにパワーアップしています。

また、単に毛の成長を促すだけではなく、抜け毛の進行を抑えたり、予防する効果も期待できます。

成分はこんなにも違う!?

ポリピュアEXとリアップX5は、成分の構成がかなり違います。育毛作用を多数の成分で働かせるか、特定の成分に集中するかという、手段の違いによるものです。

ポリピュアEXは育毛作用が多様!

ポリピュアEXのメイン成分がバイオポリリン酸(成分表示は酵母エキス)。成長因子(FGF)を毛乳頭に送りこみ、毛母細胞を活発にする指令を出させることで毛の成長を促します。

その他の成分はそれぞれ特徴的な働きによって、総合的に薄毛に対処します。

  • ヒオウギエキス、チョウジエキス…脱毛の原因のDHTの生成を抑える。
  • センブリエキス、ニンジン抽出液…毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を盛んにする。
  • グリチルリチン酸ジカリウム…頭皮の環境を改善。
  • 酵母エキス、コラーゲン末…頭皮の保湿作用。

このように、育毛、DHT抑制、血行促進、頭皮改善に関わる成分が、バランスよく含まれているのがポリピュアの特徴。

リアップX5の成分はシンプル!

r161025_13

リアップX5の成分は、主成分のミノキシジルの他にピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)、ℓ-メントールの4種類。

ミノキシジル以外の3成分は、皮脂の過剰分泌、酸化を抑えたり頭皮のかゆみを抑えるなどの、頭皮環境の改善が主な働きです。

ミノキシジルはよく知られた血行促進成分で、頭皮の血流を増やして毛根部に栄養分を供給します。その結果毛の元になる毛母細胞が活性化して、細胞分裂が盛んになり、毛が太く長く成長します。

リアップX5の成分は、メインのミノキシジルが毛の成長を促し、他の3つの成分がそれを側面からサポートする役割。ミノキシジルの効果が最大限に実現することを目指した組み合わせで、非常にシンプルな構成になっています。

育毛効果が高いのはどっちだ?

ポリピュアEXは毛を育てるのが得意!

ポリピュアEXの主成分のバイオポリリン酸は、成長因子と呼ばれるタンパク質のFGFを毛根部に届ける働きをします。それとともに必要な材料・栄養分も届ける運搬役。その結果、毛の成長を促すことになります。

その他に血行促進成分としてセンブリエキス、 ニンジン抽出液、 チョウジエキスを含みます。頭皮、毛根に栄養を届ける血液の通路を広げる作用があります。またDHT抑制、頭皮環境改善に働く成分で、広範囲の育毛に効果が期待できます。

ポリピュアEXはこのような多様な育毛作用を持っているために、DHTが作用する代表的な薄毛のM字ハゲ、前頭部や頭頂部といった部分の薄毛にも対応が可能です。バイオポリリン酸を始め複数の有効成分が効果的に作用します。

リアップX5の育毛は攻撃的!

主成分のミノキシジルは、もともと高血圧の治療に使われていた成分なので、血管を広げる作用は強力。そして広くなった血管で、多量の血液とともに栄養分を毛根部に流し込みます。

この結果、栄養を豊富に受け取った毛乳頭、毛母細胞が元気になって、細胞分裂を活発化。そして太く長い髪の毛が成長していくというプロセスです。

医薬品成分なので、作用ははっきりしています。もちろん個人によって差はあるでしょうが、リアップには臨床データによる裏づけがあります。

com_geba400522_5【出典元:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

また口コミなどの印象でも、効果の確実性という点ではリアップの方に分があるようです。

リアップX5の限界

ただ、成分の特性上AGA(男性型脱毛症)への対処には限界があります。抜け毛の原因物質のDHTに直接対応する作用はなく、育毛剤としてはこのあたりが弱点。

使用者にとって満足できる育毛効果を得るためには、この点はどうしても外せません。

皮膚科学会が推奨するように、DHTの生成を強力に抑えるフィナステリドなどとの併用が望まれるところです。

リアップX5とポリピュアEXは併用もできる!

リアップX5とポリピュアEXは、それぞれ違った作用を持つ育毛剤。また薄毛の状態も様々な原因や症状があり、一様ではありません。このため両者に単純に優劣をつけることはあまり意味がないとも言えます。

一つの使い方として、両方の特性を生かした併用も可能です。両方の成分で医薬品はミノキシジルだけで、これと相互作用を起こす成分はポリピュアEXにはありません。

併用には問題なし。

ポリピュアEXで毛根部を活性化させたところへ、ミノキシジルで血行が増えて栄養が補給されれば、育毛効果は相乗的に高くなることが期待できます。どちらにするか迷った時には、併用も有効な選択肢になりえます。

副作用はどちらも要注意か?

リアップX5の副作用は危険!?

リアップX5は第一類医薬品に分類されていて、副作用の危険性は一般医薬品の中では最も高いランク。

薬事法の規定では、副作用により日常生活に支障をきたす恐れがあり、中でも特に注意が必要なものが第一類とされています。

リアップの有効成分ミノキシジルで起こる危険性については、実際にリアップを使っていた人が、副作用の疑いで死亡したという例が3件報告されています。

r161025_11【出典元:http://www.taisho.co.jp/company/release/2003/03_0927-j.htm

大正製薬のプレスリリースでは、直接の因果関係はないということを強調しています。

しかしリアップ使用者が心疾患で死亡したことは事実で、元々の心臓の持病が、リアップが引き金となって発作を起こした可能性は否定できません。

リアップを使う場合は、こうした危険性があることを認識したうえで使用すべきでしょう。リアップは長期使用になるので、なおさら注意が必要です。

リアップX5でどんな副作用が起きる?

平成25年9月に行われた厚生労働省の医薬品審査時の資料の内容です。

事前に特別調査が行われ、対象3,072例中副作用は271例で378件が報告され、発現率は8.82%。内容はかゆみ123件、発疹43件など。

【出典元:
http://www.pmda.go.jp/otc_reexam/2014/i20140702001/400059000_22100APX00105000_Q100_1.pdf

なお、重篤な副作用の心不全も1件報告されていますが、メーカーの大正製薬では発症に至った詳細は不明ということで、それ以上の追求はされていません。【参考元:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html

添付文書による、起こる可能性がある副作用としつぎのような内容が挙げられています。

▼皮膚症状では…

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • かぶれ
  • フケ
  • 熱感

▼その他の可能性としては…

  • 頭痛
  • めまい
  • 意識の薄れ
  • 胸の痛み
  • 頻脈
  • むくみ

また、重篤なものは血圧、心臓、腎臓、甲状腺に悪影響を及ぼす可能性もあるとされます。

副作用こわすぎ!

大正製薬が行った別の調査でも8.0%の人に副作用が起こったそされています。

リアップの副作用は、このくらいの頻度で起こるのが一般的。長期間使用するのなら、副作用のリスクは覚悟したほうがいいかもしれません。

ポリピュアEXの副作用は?

ポリピュアEXは医薬部外品に分類されます。

このため医薬品のような副作用の危険性はありません。また香料、着色料、合成保存料などの添加物も含まず、その他の成分によるかゆみや炎症などの心配もありません。

副作用なし!

ただ、もともと皮膚に異常がある人、敏感肌や植物アレルギー、アルコールアレルギーがある人が使うと、かゆみなどが起こる可能性があります。もしこれらの異常が起こった場合は、使用を止めればすぐに治まります。

育毛剤に副作用はつらい!

育毛剤は最低でも3か月以上続けて使うものなのに、使っていて頭がかゆくなったら困ります。私もかつてはリアップX5にお世話になっていたのですが、かゆみに悩まされて止めた経験を持ちます。

たかがかゆみくらいと思っても、使っている限りは治まらず、起こってしまうと止めざるを得ません。長期間使う育毛剤で、副作用の有無は決定的な要素です。

そのリスクが高いリアップX5は、かなり不利な立場。

価格は圧倒的にポリピュアEXが有利!

育毛剤を使う時、効果の次に気になるのは値段。毎月かかる費用なので、高すぎるといくら効果が高くても続けられません。少しでも安く上がる育毛剤はどちらでしょう。

ポリピュア リアップ
購入サイト 公式 1ヵ月換算 公式 アマゾン 楽天
単品 7,800円 5,200円 7,611円 7,077円
単品定期 6,800円 4,533円

※価格は税・送料込み ※ポリピュアの1ヵ月換算は、1本を1.5ヵ月で使った場合の1ヵ月当たりの価格

リアップX5はアマゾンでは取扱いがありません。第一類医薬品の取扱い方法を検討中だとか。このためポリピュアの公式サイトとリアップの楽天、メーカー希望価格との比較です。

単品都度購入の比較だとポリピュアEXは完敗、定期購入コースだと逆転します。ただしこれは商品1本での比較です。リアップX5は1本で30日分が目安、ポリピュアは45~60日使えます。

このためポリピュアEXの方を1ヵ月当たりに換算して比較すると、断然ポリピュアのコスパがよくなります。

使い方によっては2ヵ月持つのでさらにポリピュアが有利、長期使用でも余裕で続けられます。

まとめ

いろいろ比べてみましたが結局はポリピュアがおすすめです。ポリピュアはその効果が、多岐にわたっていることが理由の一つです。

このためにさまざまな原因で起こる、いろいろな薄毛に対応できることが一番の強みです。

それに加えて副作用の心配がないこと、コスパの良さという育毛剤にとって大切なポイントを抑えています。

一方のリアップX5は、何といっても副作用のリスクが付いて回ります。ミノキシジルといっても外用なので、内服剤のような副作用は起こらないでしょうが、それでも軽視できないリスクがあります。

ケースバイケースの使い方もアリ!

ただし一方的に排除するのは得策ではありません。

かなり進んだAGAの症状にはポリピュアでは力不足。そこは医薬品の力が必要になる場面です。副作用と折り合いがつけば、リアップX5は有用な育毛剤です。

そして大きな成果ではなく現状を維持したいといった状況で使うなら、安全性に優れて長期使用にも不安のないポリピュアEXという、目的別の選択方法も考えられますね。

ポリピュアEXの公式サイト ⇒