イクオスサプリEXを飲んじゃダメな女性がいます。
(男性は全員OK (・∀・)イイヨ!!)

イクオスサプリEXには副作用がないと言われていますが、ノコギリヤシだけは超例外でダメな人がいます。

まずは、ノコギリヤシの副作用と安全性について書きますね。

ノコギリヤシの副作用と安全性

自然由来の成分であるノコギリヤシは、イクオスサプリEXのみならず、単体で摂取するサプリメントとしても人気。

しかし、飲み続けることで体に害はないのでしょうか?ノコギリヤシの安全性に関するデータから、副作用が起こる可能性を調べてみました。

副作用

ノコギリヤシは、北アメリカ南東部に自生するヤシ科の植物で、北米のインディアンが古来から薬として食用にもしてきたハーブであることは有名な話です。

そんなノコギリヤシでも、次の副作用のような症状が報告されています。

  • 腹痛や下痢、便秘などの胃腸障害
  • 発疹や赤みなどのアレルギー症状
  • 吐き気
  • 頭痛やめまい
  • 眠気

また、まれに性欲減退などの男性機能障害が報告されているようです。(←成分の効能上では逆に男性機能を高めるので、これはメンタル的な問題と思うけど…)

アレルギー体質の人は、ノコギリヤシに限らず色んな食品でアレルギーを症状を引き起こす可能性があります。不安な人はヤシ植物に対してのアレルギーを、あらかじめ調べておきましょう。

頭痛やめまい、男性機能に関する口コミは、ちらほら見かけるもののそれを裏付ける根拠はありません。

逆にノコギリヤシは、アレルギー以外の副作用がまったくない成分として注目されているのです。

安全性

ノコギリヤシの安全性は、海外の実験によって証明されています。

369名の被験者それぞれに、1日あたり320mg、640mg、960mg、偽薬のノコギリヤシを摂取してもらった実験によると、18ヶ月の投与期間中ではとくに副作用は認められませんでした。

しかも投与量の少ないグループ、多いグループにかかわらず副作用は起こっていません。

かといって効果がないわけではありません。1日320mgのノコギリヤシを8週にわたって摂取した実験によると、前立腺肥大症やEDが改善したとの結果も得られているのです。
【参考元:dhcblog】

つまりノコギリヤシは、効果と安全性が両立されている成分だと言えます。

安全だけど妊娠中・授乳中の女性はダメ!

上記のように安全性が証明されているノコギリヤシですが、摂取する人によっては安全ではない可能性があります。

たとえば、先ほどの実験の被験者は男性でした。そのため女性が摂取しても安全かどうかは、実験によって証明されていません。

小林製薬のノコギリヤシサプリ注意事項

今はさまざまなメーカーからノコギリヤシサプリが販売されています。中でも日本の大企業である小林製薬のノコギリヤシサプリの説明文を見てみましょう。

すると、赤の太字でこんな注意書きがされていました。

※妊娠及び授乳中の方はお召し上がりにならないでください。
引用元:小林製薬

小林製薬では、妊娠中や授乳中の女性に対してハッキリと「飲まないで下さい」と伝えています。これはどうしてなのでしょうか?

さらに詳しくサイト内を調査してみると、よくある質問のコーナーではこんな回答がされていました。

ノコギリヤシエキスは、女性ホルモン様作用がある成分です。
妊娠中、授乳中の方が摂られた場合の確認が十分にできておりませんので、摂取はお控えください。
引用元:小林製薬

やはり妊娠・授乳中の女性に対する安全性は確認できていないようですね。ですが、女性ホルモン様作用があるとはどういう意味でしょうか。

代表的な女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類で次のような働きがあります。

  • エストロゲン…女性らしい体を作る役割
  • プロゲステロン…妊娠しやすいように体を整える役割

そもそも女性ホルモンは、この2種つがバランスを取ることで成り立っています。そのため、どちらか一方が多すぎてもいけません!

たとえば同じような「女性ホルモン様作用」があるとされている大豆には、イソフラボンが豊富。また、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ています。

出典元:イソフラボン倶楽部

そのため妊娠中に大豆を摂りすぎるとエストロゲンが増えたような状態となり、女性ホルモンのバランスが崩れて胎児の発育に悪影響をもたらすと言われています。

また、「女性ホルモン様作用」には、男性ホルモンを抑制する働きがあるとも言われています。どちらもホルモンに関わる作用ですね。

どちらにせよ小林製薬は、妊娠中・授乳中の女性がノコギリヤシを飲むことで、ホルモンバランスを乱す可能性があるということを言っています。

イクオスサプリEXがなんでダメなのか?

もうすでにお気づきの方も多いでしょう。イクオスサプリEXを摂取してはいけない人は、妊娠中や授乳中の女性。

なぜかというと、イクオスサプリEXには1日の摂取量である3粒に300mgのノコギリヤシが含まれているからです。

ちなみに小林製薬のノコギリヤシサプリは、1日2粒で320mgが摂取できるようになっています。

それに近い量のノコギリヤシを含んでいるイクオスサプリEXが、妊娠中や授乳中の女性に影響しないはずがありません。

ノコギリヤシはサプリメント(食品)であるため、1日あたりの上限摂取量はとくに決められていません。

しかし以前に小林製薬が独自に行った研究では、ノコギリヤシを含んだ食品を日本人が摂取することで、前立腺肥大症に効果があったことを発表しています。

また、先ほど述べた海外の実験でも1日に320mgのノコギリヤシを摂取することで、効果が得られることが分かっています。

つまり、1日に300mg前後のノコギリヤシを摂取すれば、何らかの作用があることは確認済というわけ。

そんなノコギリヤシが、妊娠・授乳中の女性に対してどんな風に作用してしまうのかを具体的に調べてみました。今から詳しく解説していきます。

ノコギリヤシは男性ホルモンを整える

まずは、前立腺肥大症の改善を含めたノコギリヤシの効果について見ていきます。ノコギリヤシで期待できる効果は以下の通りです。

  • 前立腺肥大症の改善・予防
  • 頻尿・尿漏れの改善
  • 抜け毛の予防
  • 前立腺肥大症は30代以降の男性に起こりやすく、50代では2人に1人が該当すると言われているほど、男性にとってメジャーな病気です。

    膀胱の下にあるクルミほどの大きさの前立腺が巨大化することで、尿が出にくい、キレが悪いなどの排尿障害を引き起こします。

    前立腺肥大症は、加齢によるホルモンバランスの乱れが原因で起こると言われています。
    【参考元:asahikasei-pharma

    また、男性の抜け毛の原因で多いとされているのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAも、前立腺肥大症と同じように男性ホルモンの乱れによって起こることが分かっています。

    つまり、これらの症状を改善できるノコギリヤシは、男性ホルモンを整える作用がある成分だと言えます。

    ホルモンバランスの乱れはDHTが原因

    前立腺肥大症とAGAに共通して起こる男性ホルモンの乱れですが、あるホルモンが原因となって起こります。

    それは、DHT(ジヒドロテストステロン)。

    男性は体の中にテストステロンという男性ホルモンを持っています。しかし同じく体内に存在する「5αリダクターゼ」という酵素によってDHTに変換されてしまいます。

    テストステロンは性欲を高めたり筋肉をつけたりと、体にとって有益な働きをしてくれます。

    しかしDHTは非常に強力な男性ホルモンで、体内で増えすぎたDHTが前立腺肥大症やAGAを引き起こしていたのです(;´༎ຶД༎ຶ`)

    つまり、男性ホルモンの乱れはDHTが起こしていたというわけ。

    DHTは遺伝が原因で増えると言われていますが、次の要素でも増えると言われています。

    • 喫煙
    • 飲酒
    • 加齢

    そしてノコギリヤシには、5αリダクターゼを阻害する作用があります。

    テストステロンと結びつく5αリダクターゼを阻害した結果、生成されるDHTの総量が減ることで前立腺肥大やAGAを防ぐことができるのです。

    もちろん、女性の体にもテストステロンは存在していて、男性と同じように5αリダクターゼの働きによってDHTに変換されています。

    ノコギリヤシを、妊娠・授乳中の女性がノコギリヤシを飲んではいけない理由は、DHTを抑制してしまうからなのですが、そもそも体に悪影響を及ぼしそうなDHTは、必要ないように思います。

    妊娠・授乳中の女性のDHTを抑制するのが絶対にダメな理由は何があるのでしょうか?

    妊娠・授乳中の女性にDHTが必要な理由

    前立腺肥大症やAGAの原因となるDHTですが、悪いことばかりではありません。DHTはある重要な役割を果たしているのです。

    じつは、妊娠したときの胎児が男の子だった場合、DHTの欠損は男性機能の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

    男児を妊娠した場合、受精から6~8週間で精巣が形づくられ始めますが、このときに胎児の体で分泌されるのがDHTです。

    もし、胎児の体にDHTが足りなければ、正常な精巣やペニスを形成することができません。そして、胎児のDHTも5αリダクターゼによって生成されます。

    つまり、妊娠中に母親がノコギリヤシを摂取することで、胎児に必要な5αリダクターゼが阻害されてしまうのですΣ(゚д゚lll)ガーン

    そもそも、赤ちゃんの性別は受精した瞬間に決まります。

    そのため妊娠中だけでなく、妊娠の予定がある女性や妊活中の女性もイクオスサプリEXを飲まない方がいいと思いますね。

    また授乳中の女性も、母乳を通して男児にノコギリヤシの成分が伝わってしまう恐れがあるため、飲むのを控えたほうが良いでしょう。

    性機能が未発達で生まれた人間は、アイデンティティを自分で獲得しないといけません。それは本人だけでなく、身近な家族にとっても辛い問題(;´༎ຶД༎ຶ`)

    少しでもその可能性を無くしておくために、妊娠予定のある女性、妊娠中の女性、授乳中の女性はイクオスサプリEXを飲まないほうが良いのです。

    結論:イクオスサプリEXは要注意!

    ということで、ノコギリヤシをたっぷり配合しているイクオスサプリEXは、
    妊婦・授乳中の女性は飲んだらアカン!ということ。

    プロペシア(フィナステリド)なんかは、添付文書に「女性は触れたらアカン!」って書いていますからね。触れるだけでもダメなので、相当なパワーです…

    ノコギリヤシはプロペシアほどのパワーはないですが、妊婦・授乳中の女性は飲まない方がいいという感じです。念には念を入れて、触れない方がいいですね。

    アサヒグループのノコギリヤシサプリにも明記されています。

    参考元:アサヒグループ

    DHCのノコギリヤシサプリはイクオスサプリEXと同じスタンスです。

    参考元:dhc

    健康食品なので、絶対禁止!ってわけじゃないけど、個人的には絶対禁止レベルです。

    該当する人は育毛剤イクオス本体だけにしときましょう!