イクオスの人気がチャップアップを超えそうですね。万能な育毛剤として、チャップアップとイクオスの二大巨頭になっています。

万能であれば、M字ハゲや生え際(おでこ)の後退にも効果を発揮するのか!?M字ハゲならプランテルなのでは??

いいえ、プランテルよりイクオスです!

その理由を「3つの原因」と「プランテルとの比較」から解説していきます。

M字ハゲ・生え際の後退になる原因とイクオス対策成分

前頭部の生え際、両脇のM字部分のハゲの原因は3つほど。代表的なAGAをはじめとする原因に、イクオスはどう対処するのかを見て行きます。

①最大の原因は脱毛酵素5αリダクターゼ

M字ハゲの原因といって一番に挙げられるのがAGA(男性型脱毛症)です。男性ホルモンのテストステロンの存在から始まるので「男性型」と言われますが、女性にも起こります。

AGAが起こるそもそもの原因は脱毛酵素5αリダクターゼ。これがテストステロンをデヒドロテストステロン(DHT)に変成。

できたDHTが成長中の毛を無理やり抜けさせ、薄毛の頭を作り出すといった流れになります。

で、この悪玉酵素の5αリダクターゼは、M字や前頭部に多く存在します。なのでこのあたりでDHTがたくさん作られ、集中的に脱毛が起こりM字ハゲができ上がるといったメカニズムです。

イクオスの二重ブロックがM字ハゲを防ぐ

このような経過で起こるM字ハゲへの対応として、イクオスは強力な手段を持っています。

まずイクオスのオウゴンエキスなど5種類の成分が、5αリダクターゼがテストステロンに作用するのを阻害、DHTを作れなくします。

それでも阻害しきれず作られたDHTは脱毛因子TGF-βを生成、これが脱毛指令因子FGF-5に作用して脱毛指令を出させます。

イクオスのクワエキスなど8種類の成分が、FGF-5の脱毛指令を出す作用を阻害、脱毛を抑えます。

このように、脱毛を起こす作用を2つの違った働きで強力にブロックして、M字ハゲが起こるのを防いでいます。

サプリ成分でも5αリダクターゼをブロック

イクオスサプリの5αリダクターゼ阻害作用で代表的なものがノコギリヤシ。この成分の脱毛を改善する効果については、海外での実験が公表されています。

医薬品のフィナステリドには劣るものの、それと同様の作用が実証されました。
【参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

もう一つ、イソフラボンも5αリダクターゼ抑制作用を持ちます。これも国立癌研究所から論文が出ていて、その作用が実証されました。
【参考元:http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/298.html

このように、ノコギリヤシとイソフラボンは5αリダクターゼ抑制作用が実証済みです。この2つの成分によって、AGAによるM字ハゲ対応は万全です。

②生え際(M字部分)は血管が少ない

おでこ辺りの皮膚は薄くて太い血管がなく、細い血管も他の部分より分布が少ないところ。普段から血流が少なくて、ちょっとしたことで血行不良が起こりやすい場所になります。

血行不良になると、次に起こるのが栄養不良。血液に乗って送られてくる栄養分が不足します。

その結果栄養不良の髪の毛になり、細く弱い毛のまま早く抜けてしまってM字ハゲが進行します。

血流は髪の毛ばかりでなく、頭皮の状態にも影響。血行不足で毛が育つ頭皮の環境が悪化し、抜け毛が増える原因になります。

イクオスの血行促進成分はたくさんある

イクオスにはニンニクやドクダミといった植物エキスが含まれ、これらの成分が血行をよくして、栄養分を毛根部へ運びます。

血行がよくなると頭皮全体の活性も上がり、抜け毛の改善やしっかりした髪の毛の成長が促されます。

イクオスサプリにも血流不足に対処する成分はしっかりと配合されています。例えばカプサイシン。

トウガラシの辛味成分で、血管を広げて血液の流れを増大させます。

そしてヒハツエキス。これは古くから使われている、循環機能の改善が期待できる成分です。皮膚の新陳代謝を活発にする作用もあり、頭皮の環境改善も望めます。

③食生活の乱れにより髪の栄養が不足

食事は健康の源とわかっていても、つい手抜きしたり好きなものに偏りがち。不規則だったり栄養バランスが悪い食事では、栄養不足で髪の毛にも悪い影響があります。

たとえば髪の毛の材料になるケラチンの原料は、18種類ものアミノ酸です。偏った食事で一部不足するアミノ酸があると、もうケラチンは作れません。

またアミノ酸があってもビタミンや亜鉛が足りないと、やはりケラチンは作れません。

そして暴飲暴食や不規則な食事による消化不良など、消化器系の機能低下が起こると栄養障害も起こり、健全な髪の毛の成長は望めなくなります。

イクオスの栄養不足対策はアミノ酸

イクオスは髪の毛を作る栄養分として、クロレラエキスや16種類のアミノ酸類を含みます。

クロレラのビタミンやミネラルと、アミノ酸類が毛根の栄養となって、活発に髪の毛を作り出します。

そしてサプリでも充実したアミノ酸を用意。必須アミノ酸という体内では作れない9種類を一気に全部配合しました。

また、ケラチンを作るのに欠かせないビタミン・ミネラルも豊富なので、効率よく髪の毛を作ります。

他にないイクオスだけのメリット

①世界初アルガス-2(M-034進化版)を配合

イクオスには、独自開発の特殊な成分が含まれます。

アルガス-2という海藻由来の成分で、よく育毛剤に使われて実績のあるM-034に、新成分ペルベチアカナリクラタという海藻エキスを独自にブレンドしたものです。

いわばM-034の進化版といった位置づけです。M-034はDHTによる脱毛の抑制、血行促進、毛包の活性化などの作用を持つ万能成分。

そしてペルベチアカナリクラタは成長因子で細胞を活性化し、高い保湿力で頭皮の環境を改善します。

2つの成分の保湿作用と成長促進作用が互いに効果を高めあうことで、高い育毛効果が望めるとされています。

②低分子・高分子成分で浸透力を超強化

イクオスは育毛成分の浸透性を高めるために、低分子ナノ水を使いました。通常の成分の状態では頭皮に浸透しにくいため、その作用を100%生かすことは難しくなります。

そこで低分子ナノ水を使うことで、成分が必要な毛乳頭・毛母細胞まで浸透しやすくしました。成分が確実に毛根部にまで届き、効果が早く現われやすくなっています。

逆に浸透しない方がいい成分もあります。頭皮の保湿・保護作用を持つヒアルロン酸は表面にとどまったほうがよく、高分子化して浸透を抑えました。

この高分子と低分子の両面作戦で同時に異なる作用が得られ、高い効果が望めます

チャップアップは浸透力対策なし

イクオスのライバル育毛剤チャップアップには、このような浸透力を上げる対策は見られません。せっかくイクオス以上の成分数を持つのに、もったいないですね。

チャップアップ残念!

浸透させなければどんな成分でも効果は薄くなるので、このまま放置はしないはず。そのうちに手を打ってくるでしょう。

③イクオスサプリEXが圧倒的な出来栄え

イクオスの頼もしいパートナーに成長して、一挙に知名度があがったイクオスサプリEX。よくできたサプリで、どこをとっても他を圧倒して、とにかく目立ちます。

成分数は業界トップレベル

イクオスサプリEXで目立つのは、何といってもその46種類という成分数です。業界トップとも言われるので、他のサプリと比べてみます。

成分数
イクオスサプリEX 46種類
ボストン 27種類
gungun 25種類
フェルサ 23種類
チャップアップサプリ 23種類

最強サプリと評判の高いボストンでさえ27種類。このリスト以外のサプリは10~20種類くらい。以前のイクオスサプリも23種類でしたが、今のイクオスサプリは圧倒的な成分数に変身しました。

成分数が多いのだから、それだけ効果も確かなはず!

育毛に必要なDHT抑制、血行促進、成長促進、頭皮環境改善、栄養補給などの作用は多くの成分がすべてカバーする、総合的な育毛サプリです。

注目成分がとにかく多い

イクオスサプリの成分はただ数が多いだけじゃなく、効果が注目される価値の高い成分も多いんです。

一つはフィーバーフュー(ナツシロギク)。この中のパルテノライドはDHTの生成抑制、血流促進作用が第8回日本抗加齢学会で報告されました。
【参考元:http://www.paruteno.com/page_1.html

次はガニアシ。コンブの根の部分のことです。ここにしか含まれないGAフコイダンは成長因子FGF-7の分泌を増やします。

FGF-7は毛母細胞を活性化させるので、毛の成長が期待されます。この作用はタカラバイオ㈱から発表されました。
【参考元:https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/kaisou/

そしてイソフラボンとカプサイシンのペアです。両方同時に摂るとIGF-1(インスリン様成長因子)が増加します。毛根部分の細胞分裂を促して毛の成長効果が望めます。
【参考元:http://kclinic.co.jp/remedy/

配合量が公開されている

成分数はトップクラスですが、中身が薄くては水飲むのと同じですよね。

配合量を公開しない育毛剤も多い中、イクオスはきっちり公開しているのでそんな心配はいりません。ちゃんと働いてくれますよ。

例えば代表格のノコギリヤシは300㎎です。実証試験でも効果があったと報告された量の320㎎とほぼ同じ。

亜鉛も12mgで摂取上限値15mgに近い量です。一覧にして他のサプリと比べたら違いがよく見えます。他が貧相に見えません?

成分 イクオスサプリEX ボストン フェルサ
ノコギリヤシ 300mg 300mg 100mg
亜鉛 12mg 4mg 3mg
ミレットエキス 150mg 5mg 100mg
ダイズ抽出物 100mg 20mg 非公開
コラーゲン 100mg 100mg 非公開
イチョウ葉エキス 10mg 10mg 非公開
ヒハツエキス 5mg 5mg 非公開
アルギニン 非公開 10mg 非公開
リジン 非公開 0.3mg 非公開
シスチン 非公開 30mg 非公開
サプリ成分数 46種類 27種類 23種類

※チャップアップサプリとgungunは非公開

M字ハゲ専用育毛剤のプランテルよりイクオスの理由

プランテルという育毛剤があります。これはM字と戦う!を前面に掲げた育毛剤なんですが、イクオスはこれよりもおすすめなんです。

その理由はコレ!

5αリダクターゼ阻害成分が少ない

プランテルの公式サイトの画像です。M字ハゲになるメカニズムについてわかりやすく描かれています。

M字ハゲの元凶・5αリダクターゼの作用を阻害する成分としては、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、ダイズエキスなどがよく知られていて、育毛剤にはよく配合される成分です。

残念なことにプランテルには、オウゴンエキス、ダイズエキスがありません。

特にオウゴンエキスは重要な成分で、DHTの生成を77%も抑えると言われます。

M字ハゲ対応が看板なのに、重要成分を2つも落としているのは痛いです。

イクオスはプランテルの欠点を補う以上の成分あり

イクオスはこれら必要な成分を全部含むのはもちろん。DHTができるのを抑えるにとどまらず、そのDHTが元で生成された脱毛指令因子FGF-5の作用まで阻害します。

このために成分8種類を含む徹底ぶり。

そのうえイクオスサプリには、5αリダクターゼの作用を抑制する代表的成分ノコギリヤシ300㎎も含み、十分な効果が期待できます。プランテルにはこれも配合されてませんでした。M字ハゲ対応なのに…

配合成分数が少なく価格が高い

ではプランテルとはどんな育毛剤なのか、概略をまとめたので見てください。

イクオス チャップアップ プランテル
成分数 70種類 81種類 18種類
主成分 アルガス-2 M-034 M-034
オウゴンエキス
ヒオウギエキス
ビワ葉エキス
ダイズエキス
返金保証 45日間 30日間 30日間
最安コース 6,458円 6,000円
2本セット定期
6,980円
サプリ付き 7,538円 9,090円

成分数を見るとその少なさが際立っていますね。18種類だけなので、先に見た5αリダクターゼへの対処が手薄だったのもわかる気がします。

主成分では3つともM-034なんですが、イクオスは新成分を加えてアルガス-2にした進化型。効果も当然進化・強化されていて、ここでもリードしています。

そして価格。単体で比べるとプランテルが最高値です。成分数少ないのに何で?その点、チャップアップは最多成分で最安値というのはさすがですね。

イクオスはサプリ付きでは最安値、豪華なお値打ちサプリなので超お得な価格です。

まとめ

イクオスのM字ハゲ・生え際の後退対策ってよくできてますよね。

原因の5αリダクターゼを抑えるのは普通として、さらに追いかけて、脱毛指令因子のFGF-5まで抑える二重の対策には信頼感が湧いてきます。

そして成分の浸透に対するこだわり。浸透ばかりか逆の非浸透的な性質も取り入れた発想はいいですね。チャップアップの数の論理より魅力的な部分です。

イクオスの強みはサプリの価値にアリ。本体にサプリを足すと、その魅力は倍以上に膨らみます。

お得感が価格設定に表れていて、サプリセットの7,538円は単体より絶対にお得だからこれ買って、という売る側の気持ちが伝わってきます。

イクオスの公式販売サイト ⇒