iqos_polypure

2016年9月にリニューアルしたイクオスは、新成分「Algas-2(アルガス-2)」を配合するなど育毛力を大幅にアップとアピールしています。

果たしてその触れ込みは正しいのかを確かめるため、新イクオスと人気育毛剤「ポリピュアEX」を比較してみました。

成分はどっちが効果的なの?

イクオスにもポリピュアEXにもいろいろな育毛成分が含まれていますが、果たして効果はどちらの方が効果があるのか。

独自成分や脱毛抑制成分など、ズバズバ徹底解剖していきまっす!

独自成分の効果を比較!

リニューアルしたイクオスの目玉は、Algas-2という独自成分!

r160910_1

「ペルベチアカナリクラタ」という海藻のエキスから抽出されたもので、頭髪の成長を促進させる成長因子を含んでいるほか、細胞の代謝能力を高める効果などがあるそうです。

これに従来から含まれている「M-034」という血行促進成分の効果が加わり、育毛力がアップしたとしています。

Wの海藻パワー!

これに対してポリピュアEXに配合されている独自成分は、「バイオポリリン酸」というもの。頭髪の成長を促進させる成長因子・線維芽細胞増殖因子(FGF)の一種が含まれており、これによって血行促進につながります。

m160919_1

また、頭皮の保湿力を高めてくれる効果もあり、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症の原因である頭皮の乾燥を防いでくれるらしい…

いずれも成長因子によって血行促進するタイプの成分ですが、Algas-2は「ミノキシジルの3倍の効果」というキャッチフレーズで知られるキャピキシルよりも効果を実感した人が多いというデータが示されているのです。

Algas-2すごいやん!

効果の詳細が不明な「バイオポリリン酸」と比較すると、Algas-2の方が安心できちゃいますね(^^)

脱毛抑制成分を比較!

AGA(男性型脱毛症)の場合、脱毛を抑えるためには原因となる男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑える必要があります。

r160911_3

DHT生成に必要となる酵素・5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの生成を抑えるものが主流。

AGA治療はこれが最も重要で、脱毛が抑えられてていないと育毛剤によって生えてきた頭髪がすぐに抜けるという無意味なことになるためです。

実際、医療機関でもDHT生成抑制剤であるフィナステリドの投与が最優先となっています。

この重要な成分について、両製品を比較!

まず新型イクオスですが、DHT生成を抑制する成分としては「オウゴンエキス、クララエキス、大豆エキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス」の5つが含まれています。

r160920_1

これに加え、DHTによって生成されてしまった脱毛因子であるTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種・TGF-βの働きを抑える成分も配合!!

クワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキスの8種類。

r160920_2

これだけの成分が配合されていれば、相乗効果によってAGAによる脱毛はしっかりと抑えてくれそう(^^)/

これに対してポリピュアEXは、DHT生成抑制成分はヒオウギ抽出液とチョウジエキスの2種類しか含まれていません。

2種類…少なめ……

m160919_2

TGF-βの働きを抑える成分については、全く記載がなく、これではAGAによる脱毛の抑制については、不安しかない…

髪が生える端から抜けてしまっては困りますので、せめてオウゴンエキスとビワ葉エキスくらいは配合してほしい(T_T)

脱毛を抑制する成分だけを比較しても、これだけ圧倒的な差があるのですから、どちらが製品としてオススメなのかは明らか。AGA対策としては、イクオスにメリットがあるのではないでしょうか〜

イクオス有利!

最後に両者の配合している全成分を表にします。

イクオス ポリピュアEX
精製水
エタノール
無水エタノール
グリチルリチン酸ジカリウム
センブリエキス
塩酸ジフェンヒドラミン
海藻エキス(1)
海藻エキス(5)
ヒオウギ抽出液
オウゴンエキス
ビワ葉エキス
ニンジンエキス
ボタンエキス
イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
カンゾウ葉エキス
シラカバエキス
クワエキス
コンフリーエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ドクダミエキス
クララエキス(1)
ベニバナエキス(1)
セージエキス
シャクヤクエキス
ジオウエキス
ダイズエキス
アシタバエキス
クロレラエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
サクラ葉抽出液
天然ビタミンE
グリシン
L-アルギニン
L-アラニン
L-セリン
L-バリン
L-プロリン
L-スレオニン
L-イソロイシン
L-ヒスチジン
L-フェニルアラニン
L-アスパラギン酸
L-メチオニン
クエン酸
クエン酸ナトリウム
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
塩酸リジン
L-ピロリドンカルボン酸
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
濃グリセリン
水酸化ナトリウム
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム(2)
水溶性コラーゲン液(3)
1.3-ブチレングリコール
水素添加大豆リン脂質
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
乳酸ナトリウム液
ラウリルジメチルアミンオキシド液
フェノキシエタノール
D-パントテニルアルコール
精製水
エタノール
ポリリン酸ナトリウムリン酸
ニンジン抽出液
1,3-ブチレングリコール
酵母エキス(1)
加水分解コラーゲン末
センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
フェノキシエタノール
チョウジエキス
ヒオウギ抽出液
l-メントールアルコール
ユーカリ油

ハイ、圧倒的にイクオスですね。

頭皮への浸透力はどっちが上なの?

どんなに効果的な成分が含まれていても、頭皮にしっかりと浸透してくれないのでは意味なし。各社ともそのあたりは考慮しており、頭皮に浸透しやすくなるような工夫がなされています。

イクオスとポリピュアEXの場合、そのあたりはどうなっているのでしょう?

まずイクオスですが、低分子ナノ水を使用。

r160920_6

これは水の分子をより小さくすることで頭皮への浸透力を高めていくというものです。これならば多数の有効成分がしっかりと頭皮に浸透していくのではないでしょうか。

そしてポリピュアEX、こちらは含有成分を小型化するナノサイズ粒子を使用。

r160920_5

育毛成分を小さくすればそれだけ頭皮に浸透しやすくなるというわけで、こちらも育毛成分の効果が十分に発揮できるようになっています。

浸透力はどちらも工夫を凝らしており、甲乙つけがたいというのが正直なところ!

ただ、いくら製品自体の浸透力が高くても、頭皮の手入れが不十分だと浸透力が下がってしまいます。

育毛剤の浸透力を高めるためには、適度な洗髪によって余分な皮脂を洗い流すと同時に、頭皮マッサージによって毛穴を広げるようにしていくことで、より浸透力を高めていきましょう。

副作用の心配はないの?

育毛剤を使用する際に心配になるのが、副作用の有無!

これは、医療機関で処方されているフィナステリドとミノキシジルに副作用が確認されているためです。

▼フィナステリド

▼ミノキシジル

フィナステリドには抑鬱症状やED(勃起障害)、ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹など。特にEDは若年層の男性にとっては薄毛よりも深刻な悩みになりかねません。

副作用こわい!

副作用対策についても、各社は配慮しています。まず、イクオスは公式サイトの「Q&Aコーナー」で全成分を公開してます。

「医薬品であるミノキシジルは副作用の高い成分であるため、ミノキシジルを含まない商品開発を行ってきた」として、安全性を強調。

r160920_7

ポリピュアEXについてもそのあたりは同様で「もともと体の中にある成分を使用するなど、さまざまな方にお使いいただけるようこだわりました」と、公式サイトに記載されています。

r160920_7

体質に合わないなどの問題点が起きないよう、配慮されているというわけ。

どちらの製品についても、安全性は十分に考えられており、副作用については心配なし。この点については、とりあえず引き分けとしておきましょう。

価格比較してみた!

育毛剤購入に当たってのもうひとつの心配は、価格面。どんなに効果が優れていても、高価ならば購入をためらってしまうことも…

イクオスとポリピュアEXはどうなのでしょうか。

まずイクオスですが、定価は送料込みで1本10,378円とやや高めになっているものの、公式サイトで取り扱っている定期コースでは6,458円に割り引いてくれます。

しかも、定期コースにはサプリメント付きも用意されており、こちらは送料込みで18,596円相当が7,538円で購入できるのです。

r161201_1

サプリセットで税込7,538円!

イクオスサプリはDHTの生成を抑えるノコギリヤシエキスをはじめ、46種類もの育毛成分が配合されている優れものですので、利用しない手はないでしょう。

n_iqossupple_2

46種類です!

一方、ポリピュアEXの定価は送料込みで8,450円とイクオスよりも安価。そして、サプリとセットになった定期コースは、送料込みで8,800円になります。

ただ、ポリピュアEXサプリの成分が十分に説明されていないこと、割引率が高くないことで不満が残ってしまいます。価格自体もイクオスの方がお得。

そして、サプリの成分をみてもイクオスの方がオススメ!サプリについても全成分を比較表にまとめました。

イクオスサプリEX ポリリンパワーEX
ノコギリヤシ種子エキス末
亜鉛含有酵母
フィッシュコラーゲンペプチド
ダイズ抽出液(イソフラボン含有)
ヒハツエキス末
ミレットエキス末
イチョウ葉エキス末
L-リジン
L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンC
葉酸
L- シスチン
ヒアルロン酸
フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)
カプサイシン
L-アルギニン
高麗人参エキス
ガニアシ
ケラチン加水分解物
αリポ酸
生姜エキス
ヨモギエキス
根昆布末
食用酵母
コエンザイムQ10
結晶セルロース
サイクロデキストリン
ステアリン酸Ca
微粒二酸化ケイ素
糖転移ビタミンP
酵母エキス
チョウジ末
キクイモ果汁末
ワカメめかぶ末
亜鉛含有酵母
フィーバーフューエキス末
ケラチン加水分解物末
キビ種子エキス末
ノコギリヤシ種子エキス末
大豆胚芽エキス末
ビール酵母
ブドウ新芽エキス末
ウコンエキス末
緑茶エキス末
結晶セルロース
還元麦芽糖水飴末
微粒二酸化ケイ素
ステアリン酸カルシウム
柿タンニン

イクオスサプリ圧倒!

全額返金保証制度はどうなってるの?

育毛剤は人によって効果に差がありますし、体質に合わないということもあります。このため、そうした場合に備えて全額返金保証制度が用意されています。イクオスとポリピュアEXの返金保証制度を比較してみましょう。

イクオスの返金制度の対象期間は購入日から45日間。(発送が遅れた場合には商品到着から45日間)

m160919_3

定期コースの場合は最初の1本のみが対象。

ただ、2本目を使用している場合でも、期間内ならば1本目については返金対象。また、公式サイトから購入していなければ対象外になると記載されていますので、注意してください。
m160919_4

そして、ポリピュアEXは、返金制度の対象期間は到着日から45日間。イクオスより、ちょーっとだけ長い。
r160920_9

返金対象は1本目という点は同じですが、2本目を開封した時点で1本目も返金対象から外れてしまうので要注意。公式サイト以外からの購入が返金対象となるかどうかについては記載がありません。

返金対象期間についてはポリピュアEXの方が若干長いものの、2本目を開封すると1本目も対象から外れてしまう点が問題。必ず1本は返金対象となるイクオスの返金制度の方が、購入者としては安心できるのではないでしょうか(^^)

容量や色・においはどうなの?

いくら育毛剤の価格が安くても、容量そのものが少ないと割高になります。また、匂いやべたつきがあると使用者も周囲も不快になってしまいかねません。イクオスとポリピュアEXは、その点についてはどうなっているのでしょうか。

まずイクオスですが、容器はスプレータイプで容量120m。匂いはリニューアル前の製品についての情報がほとんどですが「基本的に無臭」というレビューがほとんど。

▼実際にイクオスは、ほぼ無色無臭
n_iqos_5

公式サイトに「リニューアルっていっても変化はほとんどないと感じていたけれど、想像以上の期待以上」(50代男性)というレビューがあるように、使用感については新型も基本的に変わっていないと考えていいのではないでしょうか。

ポリピュアEXもスプレータイプとなっており、容量は120mlでイクオスと同じです。匂いやべたつきについては公式サイトに「特有の匂い、べたつき感がない」(40代男性)というレビューが掲載されており、こちらも心配はなさそうです。

▼ポリピュアEXもほぼ無色無臭

容量と匂い、べたつきについてはどちらも同レベルで、甲乙つけがたいようです。

なぜイクオスがオススメなの?

ここまで読んできたあなたには分かっているかもしれませんが、このあたりで結論を書いておきましょう(^^)/

イクオスとポリピュアEXでは、オススメはイクオスです!

AGAによる薄毛の原因はDHTですが、薄毛全体となると頭皮の状態の悪化や頭髪の栄養不足など、さまざまな原因も考えられます。そうした数多くの原因に対応するためには、より多くの成分の効果が必要になってきます。

イクオスは今回のリニューアルで、含有成分の数が31から61へとほぼ倍増しています。

61種類です!

脱毛抑制成分、血行促進成分や頭皮を整える成分についても多くの種類のものが配合されています。これだけの成分が含まれていれば、さまざまな薄毛の原因に対応できるでしょうし、より確実な効果が期待できそう。

これに対してポリピュアEXは独自成分である「バイオポリリン酸」こそ魅力的ですが、前回のリニューアルから時間がたっていることもあり、成分そのものは十数種類少なめになっているのが問題…

これだけ成分の種類が少ないと、薄毛の原因によっては効果が発揮できず、思うように育毛してくれないという事態も考えられますね。

成分の多さは効果の確実さにもつながっているというわけで、これがイクオスをオススメする理由です(^^)/

まとめ

勝負はイクオスの勝ち!

わかりやすく表にしたので、これで判断してみてください^^

イクオス ポリピュアEX
商品画像
全成分数 70種類 20種類
アピール成分 アルガス-2 バイオポリリン酸
脱毛予防 ■13種類
オウゴンエキス
ダイズエキス
ビワ葉エキス
クララエキス
ヒオウギ抽出液
クワエキス
シャクヤクエキス
セイヨウキズタエキス
ゴボウエキス
ローマカミツレエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
ボタンエキス
■1種類
ヒオウギ抽出液
成分ナノ化 めちゃしてる 少ししてる
単品価格 9,698円 7,800円
定期価格 6,458円 6,800円
容量 120ml 120ml
期間 30日間 30日間
容器 スプレー スプレー
サプリ
全成分数
46種類 19種類
配合量 公開 非公開
ノコギリヤシ 300mg

非公開
亜鉛 12mg 非公開
大豆抽出物 100mg 非公開
ミレットエキス 150mg 配合なし
コラーゲンペプチド 100mg 配合なし
イチョウ葉エキス 10mg 配合なし
ヒハツエキス 5mg 配合なし
サプリ単品価格 7,538円 4,800円
サプリ定期価格 4,730円 定期なし
錠数 90粒 150粒
1日摂取量
/1日錠数
1050mg/3粒 1250mg/5粒
サプリ付き
定期価格
7,538円 8,800円
返金保証 45日間 45日間
定期解約 初回からOK 初回からOK
電話・メール
サポート
あり なし
特長 業界初のアルガス-2配合 業界初のポリリン酸配合
公式サイト http://iqos-official.jp/ http://529270.com
 

リニューアル直後だけあって、イクオスはポリピュアEXを超えるものに仕上がっているようです。

含まれている成分が多いうえ、サプリの方もリニューアルされているため、セットで使用すればかなりの効果が期待できそう(^^)/

めっちゃ変わったので。

ポリピュアEXのリニューアルは2014年6月で、すでに2年以上が経過……イクオスに配合されているAlgas-2のような新育毛成分が開発されているように、育毛技術は日進月歩。

また、最近の円高によって原材料の価格も低下傾向にあります。ポリピュアEXの購入は、次のリニューアルで大胆な改良を施してこない限り、オススメできないというのが正直なところですね(^^)/

ポリピュアEXごめんなさい。

イクオスの公式販売サイト ⇒