あのイクオスが9月1日からリニューアル!手直し、改良といった言葉が適切ではないぐらいの変わり方。

イクオスのスペックなどは「育毛剤イクオスを再び体験した理由~効果や口コミ・私の評価から徹底検証~check!」の記事を読んだ方がわかりやすいですが、ここではリニューアル内容に焦点をあてて説明したいと思います。

イクオスの成分が超大盛りに!

イクオスは価格がそう高くなく、副作用などの心配も少ないので初心者、初期の薄毛などの人に多く使われてきました。

そして2016年9月にリニューアル。

その変わりようがハンパないらしい!

リニューアルの目玉は新成分のアルガス-2

今回大きく変わったイクオスですが、特に目を引くのは新成分の登場。海藻エキスでは、もともとM-034というミツイシコンブの成分が含まれていましたが、新しく「ペルベチアカナリクラタ」という海藻成分が入りました。

r160910_1

この海藻はヒジキみたいな外見で、その保水力の強さから保湿成分として高級化粧品に使われていました。これが育毛にも有用ということで、今回イクオスに採用。

この2つの海藻エキスをブレンドしたものが、アルガス-2です。イクオス販売元の㈱キーリーが独自開発した「世界初」の育毛成分。

2つの海藻成分のうち、M‐034はミノキシジルに匹敵するという効果が実証済です。

もう一つの「ペルベチアカナリクラタ」の育毛効果については未知数。でも海藻には育毛効果があることが知られているので、同じ海藻のペルベチアカナリクラタも大丈夫そうではあります。

アルガス-2って、すごそう…

開発した㈱キーリーによると、この「ペルベチアカナリクラタ」には成長因子が豊富にあります。

これを血流改善効果を持つM‐034とブレンドすることで、育毛作用の相乗効果が期待!

成分数がほぼ倍増でパワーアップ!

今回のリニューアルでは新成分のアルガス-2を含め、全部で61種類もの成分になりました。 従来は31種類だったので、一挙に倍近くにまで増えたことに。新成分で機能を強化して、大幅にパワーアップ。

61種類ですよ!

内訳は天然成分38種類、アミノ酸16種類、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミン類が計7種類になります。育毛のために有効な成分が大幅に増強され、成分が多いといわれるチャップアップやブブカを上回る、№1の成分数です。

めっちゃ増えた成分の中身は?

ではアルガス-2以外に新しく増えた成分とはどんなものか、多すぎて一つひとつは書ききれませんが主なものを拾い出してみましょう。

5αリダクターゼ阻害作用を強化!

新しくダイズエキスとクララエキスを追加。男性ホルモンのテストステロンと結合して薄毛の原因物質DHTを作り出す、“5αリダクターゼの働きを抑える作用”を増強。

r160911_2

大豆のイソフラボンは、DHTの元になるテストステロンの影響を抑える作用が明らかにされています。2013年のイギリスの医学雑誌に掲載された研究発表に、その結果が掲載されています。
[参考元:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24053483]

Wで対抗はありがたい〜

イソフラボンは他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるとされます。エストロゲンは髪を健康にして寿命を延ばす働きをするため、これが女性に薄毛が少ない理由。

クララエキスはマメ科の植物の根からとれる抽出物です。血行をよくして細胞を活発にする働きがあり、毛乳頭細胞を活性化し、DHTの作用に対する抵抗力を与えます。

TGF-βの作用を排除する成分を強化!

また、生成されたDHTが受容体と結びついて、実際に脱毛を起こす指令物質を出すTGF-βの影響を抑える成分も増強されています。

DHTができてしまっても、TGF-βの影響を食い止めれば脱毛が抑えらる!

r160911_3

この目的でクワエキスとシャクヤクエキスが新しく追加。クワエキスは漢方成分で毛を健康に保つ働きがあり、シャクヤクエキスは頭皮の皮脂過剰分泌を防ぐことで、TGF-βの脱毛作用から髪の毛を守ります

これまではセイヨウキズタ・ゴボウ・ローマカミツレエキスの3つの成分がこの目的のために配合されていました。今回の2成分追加で計5種類の成分に増強されています。

抜け毛マジ止まりそう!

これまでのイクオスでは、AGAによる抜け毛への対応がもう一つだという声もありましたが、今回の成分増強で抜け毛をを強力に抑え込む体制ができました。

そのほかにも強化成分がいっぱい!

■毛母細胞強化
毛の元になる毛母細胞を修復、活性化するために、古くからケガの治療に使われていた薬草のコンフリーを配合。

■頭皮環境改善
毛の成長を活発にするために、頭皮の状態を健康にする必要があります。乾燥を防ぐためにヒアルロン酸、コラーゲン、カンゾウ葉エキスが加えられ、血行促進のためにはドクダミ、ジオウ、シラカバ、ビタミンEが追加。

r160911_4

■育毛促進
髪の毛はタンパク質のケラチンからできています。このケラチンは多くのアミノ酸が結合したもので、これまでのイクオスにも含まれていました。

今回新たにイソロイシン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニンが加えられています。髪の毛の材料以外に頭皮の炎症防止や弾力性・保水力維持、組織の強化などが目的。

■頭皮の老化防止
頭皮の若返りを図るためには元々ローズマリー、オドリコソウなどが含まれていました。今回さらにアシタバ、セージ、ベニバナが追加され、抗菌、抗酸化、代謝促進といった作用によって頭皮や髪の毛の衰えを防ぎます。

なんか……凄すぎ!!

ノズルからスプレータイプに変更

今回のリニューアルでは、成分だけでなく容器も変わって見た目にも一新されました。以前から指摘があった使いにくさが、リニューアルを機会に大幅に改善。

▼旧タイプ

▼新タイプ

以前のノズルは噴射するタイプではなく、頭皮に直接つけて薬剤を塗るタイプ。このため、薬剤がどれくらい出たのかがわかりにくく、液ダレしたり塗る量が少なすぎたりして使いにくいと言われていました。

それにノズルが頭皮に直接さわるので、シャンプー後すぐに使う場合を除いては皮脂や雑菌が頭皮から移り、不衛生ではないかという心配もありました。またボトルが不透明なので、残量が見えないという不満もありました。

今回この点が改められ、スプレー式のノズルに変わりました。

これはありがたい!

噴霧器のように拡散せず、狙ったところに確実に薬剤が届きます。使う量もボタンの押し方である程度は調整が可能。ただボトルの不透明なのはそのままです。

イクオスサプリもリニューアルした!

今回のリニューアルでは、サプリメントの成分は15種類追加され、計46種類。

業界最大級の成分によって、身体の内側から薄毛の改善を目指します。また、成分数とは別に画期的なリニューアルがあります。

【関連記事】
【スゴい】イクオスサプリEXの成分がガラッと変わって効果に超期待!check!

おまけから堂々の育毛サプリに昇格!

もともとはイクオスの定期購購入に無料でついてくるおまけでしたが、今回のリニューアルでは名前も「イクオスサプリEX」として、一人前の育毛サプリメントとして販売されることになりました。

昇格…それは期待しちゃう!

成分が増強されて、一定の育毛効果が期待できるサプリメントとしてのデビューというわけ。価格設定は単品で6,980円(送料別税込み)定期コースで4,800円

r160911_5

単品ではチャップアップサプリより1,020円高く、定期コースでは180円安いというほぼ同レベルの金額。チャップアップと肩を並べる自信があるからこその価格設定でしょう。

成分量が明記された!

普通サプリメントは健康食品になり、成分を表示する義務はなく任意表示ですが、イクオスサプリEXは成分の量までが表示されています。

イクオスサプリEXは亜鉛やビタミンB1の量が基準を満たしていて、栄養機能食品に分類されるために表示されたようですが、これは同種のサプリには見られなかったこと。

r160911_6

成分量の表示がないと、効果が期待できる量だけ入っているかどうかがわかりません。ごくわずかしか入ってなくても成分名が表示できるので、効果がない可能性もあります。何のための成分表示なのか、意味のないことですね。

たとえば今回ノコギリヤシの成分量が300㎎と表示されました。海外での臨床試験に使って効果があった量は320㎎で、小柄な日本人の場合は300㎎でも十分効果が見られることがわかります。
[参考元:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12006122]

ノコギリヤシ、めっちゃ入ってる!

また、亜鉛やビタミンBは栄養機能食品と表示できる基準以上の量を含んでいて、栄養補給に有効な量であることがわかります。このように成分量の表示は使う側から見れば大切なこと。
[参考元:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/hoei/hoei_016/files/I6.pdf]

成分量の表示がないサプリは?

今回成分量が表示されたのは画期的なことですが、本来は表示されて当然なことでした。これは効果があるだけの成分量を入れているという効果を示すアピール、および自信の現われとして受け止めることができます。

今後こういった商品が増えてくると、逆に成分量を表示していないものは内容が疑わしく思えてきます。

成分名だけの表示で、微量しか入っていない商品は次第に減ってゆくことが期待され、今回のイクオスの成分量表示はたいへん歓迎されることでしょう。

増えた成分とはどんなもの?

さて肝心の成分。15種類の成分が増えたわけですが、その効果・効能はどんなことが強化されたのでしょうか。主なものをピックアップして、見ていきます。

■発毛促進因子の生成
ガニアシ(蟹足)は昆布の根の部分。食品にはならず捨てられていた部分ですが、この部分にはミネラル・アルギニン・フコイダンとGA-フコイダンという2種類の粘り成分が多く含まれます。

r160911_7

このうちGAフコイダンはガニアシにだけ含まれる成分で、頭皮内の毛乳頭細胞に働きかけ、発毛を促すFGF-7という発毛促進因子を生成させます。

■イソフラボンとカプサイシン
新しく増えた成分ではありませんが、イクオスサプリにはイソフラボンとカプサイシンという特徴的な作用を示す成分が含まれます。

この2つは育毛剤にはよく含まれる成分ですが、両方を同時に摂ると、毛根部の毛乳頭にIGF-1(インスリン様成長因子)が増加します。

IGF-1が増加すると、毛母細胞が活発に。発毛が促されるとともに毛髪成長サイクルのうちの成長期を延長し、退行期・休止期を短縮します。

r160911_8

つまり毛が生えてくる一方で、髪の毛の寿命が長くなって抜けなくなるので、髪の毛の量は当然増えて行きます。

この作用を発表した名古屋市立大学の研究には、2012年に不正が指摘されました。ただ、研究そのものがすべてねつ造だったとは言えず、この方法で治療しているクリニックも多いので、一定の育毛効果は認められると考えられます。

■髪の成分
髪の毛の成分はケラチンで、これを構成するアミノ酸のL-シスチンがもともと含まれていました。今回ケラチン加水分解物が追加。これはケラチンをバラバラに分解したもので、髪の成分として使われやすいものです。

■血行促進成分
なんと、前のイクオスサプリには血行促進成分が含まれていませんでした。本体で十分という考えだったのかもしれませんが、今回新しくヒハツエキス(ブラックペッパー)、糖転移ビタミンPの2種類を配合しています。

■保湿成分
これも驚きですが、前のサプリには保湿成分も含まれていませんでした。そこで今回は強力な保湿作用があるヒアルロン酸やコラーゲンを追加しました。コエンザイムQは体内でコラーゲンが作られるのを助ける作用があります。

■頭皮の老化防止
有害物を排出するヨモギ、血行促進、免疫力を高めるショウガ、全身の機能を高める高麗人参、抗酸化作用で頭皮を守るα-リポ酸、細胞の活性化や増殖を助けるL-アルギニンが新しく加えられ、頭皮が加齢で衰えるのを防ぎます。

r160911_9

イクオスvsチャップアップ&ブブカ

何かと比べられることが多い3つの育毛剤ですが、イクオスがリニューアルした機会に改めて比較。イクオスはこれまで他の2つ方が頭1つリードされているイメージがありましたが、パワーアップ後はどうなった?

価格差はどうなった?

リニューアル前のイクオスは、効果の面では他と差をつけるまでに至らず、価格が安いところで勝負してきたのが実情。今回の大幅な成分増量で、コストアップをカバーするため2,000円余りの値上げがありました。

その結果の優劣を一覧で比較!

薄毛を改善するときには、頭皮の内側と外側、両方からケアするのが最良の方法。

育毛剤単体よりもサプリとセットで使うほうが、両方の働きを補完しあってより効果的になります。実際にもセットで使う人が圧倒的に多くなっているので、比較はサプリ込み。

▼育毛剤+サプリセット(定期コース・税込み・送料無料)

イクオス  チャップアップ ブブカ
定価 12,800円 14,800円 16,200円
初回価格 7,538円 9,090円 5,980円
2回以降 7,538円 9,090円 11,664円
成分数 114種類 89種類 87種類

 
▼単品(都度購入・税込み)

イクオス  チャップアップ ブブカ
育毛剤 9,698円 7,400円 12,960円
サプリ 7,538円 5,960円 6,480円
送料 630円 660円 無料

ブブカは全般的に高くなっているので、ここは除外。イクオスとチャップアップとの比較に絞ると、サプリとのセットでは全面的にイクオスが優位!成分数でも大差がつきました。

チャップアップ、ヤバい…

単品では逆にチャップアップが優位ですが、単品の都度購入というのはあまり現実的ではないので、イクオスの優位は変わりません。リニューアルで値上げしたにも関わらず、購入しやすさは変わらないといえます。

薄毛への対応力で比べると?

イクオスはこれまで、ほかの育毛剤とはっきり差別化できるほどの効果面の特徴は持っていませんでした。もっぱら値段の安さをアピールしていて、特にAGAに対して戦う力がイマイチ。

ところが今回のリニューアルでは、チャップアップを上回る成分数で、いままで手薄だった分野にも効果が望めるようになり、あらゆる薄毛の症状に対応することが可能に!

さらにサプリメントも内容を一新して、他の同種サプリと同等以上の高品質に変わりました。自身のほどが成分量の表示と他のサプリと同列の価格設定にも表れています。

今まで成分数の多さ(=薄毛への対応力の幅広さ)では、チャップアップがトップの地位にありました。そこへ新しいイクオスが加わり、強力なライバルが現れたわけです。

なんかドキドキ、ワクワク♡

チャップアップはダントツ人気を脅かされ、ブブカは存在意義を失いかねません。これらが対抗して競争が激しくなれば、薄毛の人たちにとって何かいいことがあるかもしれません。

結局はどれが選ばれる?

イクオス、チャップアップ、ブブカは、天然由来の成分が多く、副作用の少ない穏やかな効果が望めるという共通項でまとめられます。もともと競合する性質を持った3つの育毛剤ですが、結局どれがいいのか、真剣に検討してみましょう。

成分数なら、見てのとおりイクオス。ですが失礼な言い方ながら、数打ちゃ当たるとも言われます。事実薄毛の症状には個人差が大きいので、成分が多ければ効果があるものに当たる確率は高くなります。

でも、それも決め手にはなりにくいですね。まず重要なポイントの値段の点で、ブブカは競争の圏外にいます。そして後の2つですが、選ぶとなると悩ましいところ。

実績を取るか可能性を取るか

チャップアップも過去にはリニューアルしましたが、その後時間がたって評価も安定。実績を積み重ねて知名度や人気度は高いレベルにあります。そこそこの効果が見られている人なら、他に変える理由はありません。

そんな私もチャップアップ…

そういった確かな実績で判断するのなら、チャップアップですね。失敗する可能性があるのに、あえて新しいものにチャレンジする必要性はありません。

それに、イクオスにはすごく効くかもしれない可能性はあるものの、判断材料が少なすぎます。イクオスには今は成分のことしか情報がなく、口コミなどの実績がほとんど見当たりません。現状では様子ながめが一番無難な選択のようです。

NEWイクオスめっちゃ気にはなるけど!

乗り換えても損はしないかも!

慎重な人はイクオスへの乗り換えはとりあえず見送るでしょう。でも気になってしかたがないのなら、思い切って乗り換えてみるのも悪い結果にはならないかもしれません。

■初回特価・プレゼントがある

r160911_10

リニューアル直後のセール価格みたいですが、イクオスとサプリのセットが定期コースの初回のみ4,980円。そして育毛関係情報ガイド2冊がプレゼントされます。うち1冊は5回目の購入まで続きます。

■解約返金可能
初回の安い分だけ頂いておいてすぐ解約ということも可能。期間による縛りや違約金はないので、解約してムダな支払いが起こる心配はありません。

え、え、買ってみよかな〜

そしてもし体に合わず、もう使いたくないと思えば全額返金保証制度により返金されます。ただし育毛剤単体、またはサプリとのセットのみが対象になります。

リニューアルしたイクオスは買いです!

新しくなったイクオスについて詳しく見て来ましたが、何だかよさそうな雰囲気。イクオスのイメージはとにかく控えめ、おとなしいといった感じでしたが、急に生まれ変わったように力強くなりました。

めちゃくちゃ気になってます!

本体のパワーアップもかなり思い切ったものですが、おまけだったサプリメントをお金が稼げる商品に仕立て直したことも驚き。これをセットにすることで、本体のイメージアップにも貢献しています。

もし薄毛が急速に進行しているなど深刻な状態でなければ、一度使ってみても損はありません。1回だけでは効果はわからないでしょうから、しばらく使ってみて、もし何かいい結果が出れば儲けものです。

イクオスの公式販売サイト ⇒

※新イクオス買いました(^^) だから画像を追加した(*’▽’)