フィンジアとイクオスのどちらが薄毛対策に効果的なのか?あなたの悩みにぴったりな育毛剤はどちらでしょうか。

7つの視点で徹底的に比較してみました。

フィンジアとイクオスの成分と効果を比較

フィンジアの育毛成分

フィンジアの最大の育毛成分は「キャピキシル」「ピディオキシジル」

髪の成長力を高める効果が期待できる2大成分です。

また、フィンジアは「ヒオウギエキス」を配合することで抜け毛にも対処しています。

キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛パワー

キャピキシルは、「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」を組み合わせてできた成分。

これらの成分には、科学的検証により育毛の効果が確認されています。

検証実験で「アセチルテトラペプチド-3」の“育毛パワーはミノキシジルの3倍”という結果!

m160810_9【出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

また、「アカツメクサ花エキス」は、“薄毛最大の原因DHTの抑制”に効果を発揮します。

DHTは抜け毛を促進させるホルモン。これは5αリダクターゼという酵素によって生成されます。

「アカツメクサ花エキス」に含まれるビオカニンAは、“5αリダクターゼの働きを阻害しDHTが生成されるのを防ぐ効果”が期待できます。

【出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

ピディオキシジルは細胞の増殖を促進

ピディオキシジルにも細胞の増殖を促す作用があります。

ピディオキシジルは、ミノキシジルを改良した成分で、副作用だけを抑えることに成功!

a90430_3

そのためピディオキシジルの育毛効果はミノキシジルと同等!

ミノキシジルとの比較実験でピディオキシジルの育毛効果は示されており、同等の育毛効果も発揮されることが証明されました。

出典元:http://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

ヒオウギエキスでDHTを防ぐ

ヒオウギエキスの主成分はイソフラボン

イソフラボンには「5αリダクターゼの働きを阻害し、抜け毛を防ぐ効果」があります。

また、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしています。

ホルモンバランスを整え、DHTの生成を抑える効果が期待。

5αリダクターゼとDHTの両方に効果を発揮、抜け毛に対抗する期待度はとても高い成分。

イクオスの育毛成分

イクオスに配合されている育毛成分の中で、注目は「M-034」

M-034を配合した育毛剤は少ないので、M-034を試したいならイクオスは検討する価値があります。

M-034はコンブの育毛パワー

M-034は、北海道のミツイシコンブから抽出した育毛成分。

コンブにはフコイダンなどの成分が豊富で、髪に良いという話は有名ですが…

メーカーが様々なコンブを比較し、北海道のミツイシコンブに髪への有効性を発見!

M-034はその有効性を凝縮した成分で、育毛への効果が期待できます。

毛包付近の細胞の増殖を促す効果があり、育毛力はミノキシジルと同等!

成分効果比較まとめ

フィンジアの「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は、眠っていた細胞を刺激することで、強力に発毛を促す効果が期待!

この2つの成分は、薄毛ならぜひ一度試してみたい育毛剤。

イクオスの「M-034」も育毛効果はあるようですが、フィンジアの2大成分と比べると弱い印象…

よって成分は、
フィンジアが優勢!

副作用比較

com_geba400224_2

フィンジアは副作用の心配なし

フィンジアには、ミノキシジルと同等以上の育毛パワーを持つ成分が豊富に配合されていますが、副作用のリスクはありません!

ピディオキシジルは、副作用だけを取り除いた優秀な成分。

イクオスも安全な育毛剤です

イクオスにも副作用のリスクがある成分は配合されていません。

すべて頭皮に良い成分で、頭皮環境が改善されること間違いなし!

M-034は、昆布から抽出した成分ですしね。

副作用まとめ

フィンジアもイクオスも、安全性の高い育毛剤!

ミノキシジルは副作用が起きる可能性が高いですが、これらの育毛剤はどちらも安全です。

長期間の使用でも、トラブルなく使い続けられて安心。

価格比較

フィンジアの価格

フィンジアの価格は、1本あたり12,800円。「定期コース」はさらに安く、1本あたり9,980円。

r160825_1

もっと安く購入したいなら、「3本セットの定期コース」!

1本あたり8,966円の最安値で購入できます。

m160810_5

なくなる度に注文する手間が面倒と感じる人は、本体価格も割引、送料も無料の「定期コース」がオススメです。

イクオスの価格

イクオスの価格は、単品購入で1本あたり10,378円。
r160902_2

定期コースを利用すると1本あたり6,458円です!

価格比較まとめ

フィンジアとイクオスの購入価格をまとめてみました。

それぞれ送料、税込み、1本あたりの価格。

フィンジア イクオス
単品価格 12,800円 10,378円
3本セット価格 11,600円 7,560円
定期コース 9,980円 6,458円
3本セット定期コース 8,966円

成分が弱いせいか、イクオスの方が安価。

約2,000円の差を、育毛成分の価格と考えるとあなたはどちらを選びますか?

返金保証比較

フィンジアの全額保証制度まとめ

フィンジアの全額品金保証の条件をまとめるとつぎの内容。

  • 初回購入品のお届け日から30日以内
  • 3本セットなら3本分が返金だが、2本目を開封していると返金無効
  • 返品時の送料、返金の振込手数料は購入者負担
  • 全額返金保証を利用すると、今後フィンジアの購入不可

イクオスの全額保証制度まとめ

イクオスも全額返金保証があり条件はつぎとおり。

  • 初回購入日から45日以内
  • セット品は1本分のみ返金
  • 2本目を開封していると返金無効
  • 返品時の送料、返金の振込手数料、購入時の送料は購入者負担

返金保証比較まとめ

フィンジアとイクオスの全額返金保証、似ているようで違いに注意!

フィンジアは商品到着から30日以内イクオスは商品購入から45日以内

起算日が違いますが、イクオスの方が少し長めの設定。

返金にかかる費用の負担が少ないのはフィンジア。イクオスは購入時の送料も負担しなくてはいけません。さらにイクオスは、セット品でも1本分しか返金されない点は注意ですね。

返品期間以外、フィンジアが手厚さで優勢!

しかし、フィンジアはこの制度を利用すると、二度と購入できません…

容器・使用感比較

フィンジアの容器は使いやすい

フィンジアの容器はスプレータイプ。

スプレータイプは、容器が直接頭皮に触れないので、いつも清潔!

噴出の勢いは十分で、しっかりねらった頭皮に薬液を届けます。

イクオスの容器も使いやすい

イクオスは2016年9月のリニューアルで、ノズルタイプからスプレータイプに変わりました。

▼旧タイプ

▼新タイプ

ノズルタイプはノズルの先端を頭皮につけて塗るので不衛生でしたが、今は問題なし。

容器・使用感比較まとめ

スプレータイプのほうが簡単で清潔なので、両者引き分け~!

しっかりと髪をかきわけて、狙い撃ちしてください。

ノズルタイプは、衛生面が心配なので私は避けています。

色・におい比較

フィンジアは色もにおいも問題なし

m160812_3

フィンジアの薬液は、無色透明。液が垂れてきても、汗と変わりません。

においは少ししますが、周囲から気づかれることはありません。

イクオスも周りに気づかれません

bubka_4

イクオスも無色透明。フィンジア同様、周りの目を気にせず使えます。

アルコールフリーですが、少しアルコール感のあるにおいがあります。

色・におい比較まとめ

どちらも無色透明、においもほとんどなし!

育毛剤を使用していることは周りにバレず、安心して使い続けられます。

浸透力比較

フィンジアはカプサイシンで浸透力アップ

フィンジアに含まれるカプサイシンには、毛穴を開かせる作用があります。

この仕組を利用した、独自の浸透技術「SPEテクノロジー」で、かたく閉じた毛穴の奥に有効成分を浸透させることができます。

イクオスは特殊な水で浸透をサポート

イクオスの育毛メソッドの一つ、低分子ナノ水により浸透力を高めています。

m160810_11

従来の育毛剤は、分子が大きいため、毛穴の中に浸透していく力は強くはありませんでした。

イクオスは、低分子ナノ水を採用することで、毛穴の奥まで薬液を浸透させる力が強いです。

浸透力比較まとめ

どちらも浸透については対策済み。

フィンジアは毛穴を開かせることで、浸透力を高めるのに対して、イクオスは低分子にすることで毛穴に入って行きやすくしています。

どちらも実感力があります!

私がイクオスをやめた理由

イクオスを使っていて、ふと気づいたのですが、イクオスを使うならチャップアップの方が良いんじゃないかなって思いました。

チャップアップにもM-034が配合されているので、髪の成長力は同じくらい。

さらにチャップアップには、頭皮環境を整える成分もイクオスより豊富にあるので、期待できる育毛力に不満はありません。

また、チャップアップはスプレータイプなので私好み。

イクオスに大きな不満があったわけではないのですが、チャップアップに乗り換えるかたちで、イクオスの使用をやめました。

■追記
2016年9月以降から、イクオスに戻っています。それくらいリニューアルの内容は素晴らしかったのです!

詳細は「育毛剤イクオスを再び体験した理由~効果や口コミ・私の評価から徹底検証~check!」を参照ください。

まとめ

m160810_8

育毛効果はフィンジアが上!

キャピキシルとピディオキシジルの2つの成分はミノキシジル以上の効果が期待できます。

イクオスにはM-034が配合されていますが、フィンジアと比べると一段劣っている印象。

使用感は、人によりますが、内容量ならイクオス。イクオスは120mlも入っているので、頭皮全体にたっぷり塗ることができます。

フィンジアは50mlしか入っていないので、広い範囲に塗るには少ないです。

イクオス フィンジア
定期コース 6,458円 9,980円
サプリ付き 7,538円
容量 120ml 50ml
ml単価 54円 200円

ml単価で考えたら、約4倍( ゚Д゚)

コストパフォーマンスで考えたら、フィンジア高すぎくんですね。サプリ付きのイクオスより高いし……

集中的に発毛促進したいならフィンジアは抜群!

イクオスはサプリが素晴らしいので、サプリ付きで検討したらイクオスになるかな。フィンジアより、まだ2,442円も安いし!(9,980円-7,538円)

フィンジアの公式販売サイトはこちらcheck!
イクオスの公式販売サイトはこちらcheck!